介入計画(IEP)作成

アセスメント結果に基づいて,介入の指針となる介入計画(IEP)を作成します。セラピストだけではなく,ご家族や担任の先生方が「理解し,使える」IEPを作成します。そのために,ご家族や先生方と一緒に目標や方針を考えるための話し合いの機会を設けます。

 

IEPはお子様の行動の変化とスキルの獲得度合いに合わせて適宜更新します。

IEPの内容(一部抜粋)

IEPには以下のような内容を盛り込みます。

 

項目 内容
長期目標 半年~1年度にどのようになっていたいか
中期目標 3~4ヶ月後にどのようになっていたいか
短期目標 2週間~1ヶ月後にどのようになっていたいか
具体的スキル スキルの具体的設定/環境設定/教材/指導・介入の方法/定着のコツ
問題行動の対処  問題行動が生じたときの対応方法や事前の環境設定など 

プログラム学習で学ぶ行動分析学ワークブック 学苑社

ABA スクールシャドー入門ー特別に支援が必要な子どもたちを園や学校でサポートする親・セラピストそして先生のために 学苑社

発達障がい ABAファーストブック ー家族の体験記から学ぶ 学苑社